1年間のDVDプログラムでネイティブ並みの英語力!

メールでのお問い合わせはこちら

取材実績

ロサンゼルス・ハワイの日系社会で圧倒的な支持を集めている月刊誌ライトハウスで毎月英語学習について連載しています。

ハワイには、何度か夏休みの間、プレスクールに通わせていましたが、なかなか思ったように英語が上達しませんでした。でも、このフォニックス教材は、毎日軽快なハワイの音楽に合わせて、聞き流しながらDVDやCDで学習できるので、子供に英語力が定着してきてることを実感しています。来年、ハワイにプレスクールに行かせようと考えていますが、その時の子供の成長が楽しみです。 (I.Jさん)
自宅で毎日少しずつできる教材を探していました。この短期習熟・英語プログラムは子供一人でもできますし、単に見て終わりではなく、毎日プリントを2枚、今日習ったところの復習ができるところが、とても気に入っています。子供にも無理のない量で、楽しく取り組んでくれています!(Y.Kさん)

短期習熟・英語プログラムTMで出来ること

ハワイ生まれの英語教材(ハワイの小学校でも大人気!)

Tanja Cillamorさん/ハワイ州公立小学校・教師

Tanja Cillamorさん/ハワイ州公立小学校・教師 私の小学校の生徒は、この短期習熟・英語プログラムをいつも楽しみにしています。繰り返しのメロディによって初めて聞く歌でも子どもたちは一緒にすぐに歌うことができます。英語学習の初期には、「綴りと発音の関係を理解すること」「英単語を正確に聞き取れ、発音できるようにすること」がとても大切ですが、この短期習熟・英語プログラムでは、それらをしっかりと網羅しているので安心して学習することができています。

Lisa Georgakopoulosさん・パーフェクトエンジェルズ代表

Lisa Georgakopoulosさん・パーフェクトエンジェルズ代表 長母音と短母音など、子どもに分かりずらい知識をビデオと歌で覚えられるのは本当に素晴らしいです。短期習熟・英語長母音と短母音など、子供に分かりずらい知識をビデオとCDで、歌を通して楽しく覚えられることは、本当に素晴らしいことと実感しております。この短期習熟・英語プログラムは、子供の基礎学力を作る積木にあたると思います。楽しみながら、子供は英語スキルという積木を、どんどん高く積み上げていくことができ、教育の現場で、とても助かっています。

Melisa Orozcoさん・英語学校 講師

Melisa Orozcoさん・英語学校 講師 私は、5歳から10歳までの生徒を受け持っているのですが、英語の授業の中で、1日DVDやCDを10分間、聞き流しで学習した後、プリントを2枚するだけで必要な英単語やリスニング力を身に着けることができ、効果的に学習ができています。保護者からも、とても好評な英語プログラムになっています。

Salas Deckerさん・TLC英語教室講師・ハワイ州小学校教師

私は、ハワイの小学校で教員をしていましたが、子どもたちに初歩のリーディング力を付けることに、いつも難しさを感じていました。短期習熟・英語プログラムほど細かく細かくフォニックスを子どもたちに教えるプログラムはアメリカにありません。歌と映像を応用することで、子どもたちは繰り返し学習することができるので、短期間で英語習得の効果があるのだと思います。
10年間で延べ1万人以上のお子さんをバイリンガルにしてきたハワイ(オアフ島)のTLC英語教室が自信を持って届けrう子供英語教材

プログラム学習期間1年間 対象年齢:幼児〜小学生(高学年)

公立の小学校でも、英語が義務化されますし、ニュースでよく英語が公用語となっている会社などの話題を見て、子供には早くから生きた英語を学ばせたいと、色々と英語教材を探しておりました。単に受験英語で役に立つ英語ではなく、本物の英語を学ばせたいという思いで、小学2年の子供に取り組ませているのですが、毎日楽しく取り組んでくれています。(R.Nさん)
この教材のいいところは、テンポよく軽快な音楽に合わせて必要な英単語が学べることだと思います。しかも、同一の発音グループや英会話の文章なども、曲の中には入っているので、とても覚えやすく単語を使う場面も分かり易くいいと思います。(T.Mさん)
こんな方にこそ必要な教材です!

NG1アルファベットの読み方は、A・B・C(エービーシ)だけだと思っている。

実は、日常の英会話で、A・B・C・・をエービーシー・・と発音する機会は、
まずありません。ここが日本語と大きな違いです。

一般的に、英語を少しでも勉強された方は、日本語と英語の違いは、
文法的な並びの違い(主語、述語、目的語などの文章の中での並び)であると考えています。

しかし、もっと、それ以前に綴りと発音の関係が全く異なるので、
このことが英語習いたての初期に分かるかどうかが非常に重要で、
その後の飛躍的な学習効果に現れてきます。

【日本語】綴りをそのまま発音して意味が通じる

【英語】綴りをそのまま、アルファベットで発音しても意味が通じない

以上のように、英語の場合、日本語と異なり「綴り」をどういった法則で発音するかを知らないと
正確に発音できません。
ですから、日本では4〜5歳でひらがな、カタカナで絵本が読めるところを、
英語圏の子供の場合、一般的に7〜8歳になるまで、一通りの文章を読むことができないのです。

つまり、「最初が、もっとも難しい」と言えるのが英語習得です。
英語圏の子供ですらそうなのですから、ましてや日本のお子さんの場合、
通じる発音をマスターするのにどれだけ時間がかかるかは、想像できることでしょう。

この法則を、短期習熟・英語プログラムでは、分かり易く、軽快な音楽に合わせて
短期間で習得することができます。

A・B・C→フォニックスを使うと→ア・ブ・ク
綴りを見て、正確に発音できることは、対瀬sつなことなの?
英単語や英文を読めることは、喜びであり、ひと度読めるようになると、
お子さんは、身の回りの英単語をどんどんと読み始めます。

まだ単語の意味が分からなくても、子供の自立的な学習がスタートしはじめますので、
先生から一方的に学ぶ受け身の学習ではなく、英文の絵本を読むなど、
自主的な勉強法を確立する手助けとなります。

また、フォニックスは、体系立てられた規則にそって学習できますので、
学習を通して確かな手ごたえを実感できるところも、
モチベーションを持続させるカギになります。

最終的には、中学で使う英語の教科書を初見で、7割程読めるようになります。

英文を正確に読めることが最大の英語習得法!

みなさんは、お子さんが小さいころ、絵本の読み聞かせを沢山されたと思います。
そして、5歳、6歳ぐらいになると、自分で好きな本を読みだします。
この「読む」ということが、その言語を決定的に向上させるカギになるのですが、
日本語と違い「綴り」と「発音」が異なる英語では、
短期習熟・英語プログラムを通してフォニックスをマスターしなければ、
毎回、初めに先生に正しい発音を習ってからでないと正しく読むことがきないのです。

ですから、アメリカの小学校では、英語を学ぶ初期に、「綴りと発音の関係」を
フォニックスで理解させるのです。

NG2 子供には、早くネイティブと話せる英会話を身につけさせたい。

外国の方と接した事のある方なら、
「もっと流暢に話せたらいいのに」「相手の話してる話をもっと聞き取れたら」と
思われた事があるのではないでしょうか。

お子さんが将来、国際的な企業や舞台で活躍することを願われる
親御様も多いことでしょう。
ただ、慌てて英会話だけに専念するのは禁物です。

もちろん、ネーティブスピーカーの英語に小さいころから触れさせ、
英語に興味を持たせる事も大切ですが、
フォニックスで「綴りと発音の関係を学ぶ」という事の方が、もっと大切です。

なぜなら、英会話で習う日常会話や挨拶などは、
単語数もごく限られていますので、
その気になれば3か月ほどで十分パターン化した話でしたら
流暢に話せるようになります。
ただ、そこからの成長は期待できません。
結局は、中学校から始まる受験英語の影響を受け、
結局は「使えない英語」に戻ってしまうのです。
なぜでしょうか。分かり易く、英語学習を「木の成長」に例えて
お話をしたいと思います。

日本語の学習でも、お子さんが小さいころの初期の日本語学習が
絵本の読み聞かせやお子さん自ら簡単な絵本を読んでいくことから始まるように、
英語学習でも基本は、「読む」ということになります。

英語のネイティブスピーカーと話していても、本が嫌いで成長した人は、
ごく簡単な英会話しかできませんし、内容もすごく浅いです。
ですから、ハワイ州の公立小学校・幼稚園でも、
こ英語プログラムが導入されているのです。

このサイトをご覧になられている親御様も、折角身につけた英単語が、
上の右の木の葉っぱのように、ヒラヒラと時間の経過と共に落ちていった
嫌な経験はありませんか?

覚えても覚えても、忘れていく、もしくは覚えていても
その単語が使いこなせない、という経験はありませんか。

ですから、本当の英語をお子さんに習得させようとお考えなら、
左の木の絵のようにしっかりとした根っこ(フォニックス)を
習得しなければならないのです。

NG3 英語のスペルは暗記するに限る。

英語を暗記科目と考えている方が多くいます。
しかし、日本語は暗記科目でしょうか?

もちろん、英語も他の教科と同じように、ある程度の暗記は必要ですが、
フォニックスという合理的に英単語を理解していく法則があります。

そもそも、言語は感情を表現する為に発達してきたことを考えると、
暗記ばかりが強調される日本の英語教育に違和感があるのも当然のことでしょう。

英単語は、たった26文字しかないわけですから、
漢字、ひらがな、カタカナを多用する日本語に比べ
格段に理解しやすい言語なのです。
しかし、それも、アルファベットの呼び方(エー・ビー・シー・・)と
読み方(ア・ブ・ク・・)が一致していないことを理解できてこそ、
初めて実感できることなのです。

お子さんが、高校受験をする前までには、是非このフォニックスをマスターして、
「英単語は暗記するものではない」という事を理解させてあげてください。

Ms.Chizuko T.Allen PhD ハワイ大学教授

英語の基本をしっかり身につけて下さい

今から30年ほど前の話ですが、東京大学を卒業後、皇太子奨学金を得てハワイ大学の大学院に進みました。
千葉大附属中学校、県立千葉高校、東京大学と学生時代は、英語が得意でほとんど苦労した事が無かったのですが、 アメリカに来て自分の英語が使えない事に愕然としました。
ハワイに来て最初の1年間は、英語が話せない学生向けのESLで英語を一から学びなおしました。
そのとき実感した事は、「正しい発音で英単語を覚える」、「使える英文を習得する」という事でした。
受験英語ではテクニックが要求される分、如何に幼児期や小学生の内にフォニックスを使って正しい発音をマスターできるか、 また正しい発音での読書が身に つくかということは、大きくなってから非常に英語力に影響してきます。
みなさん、是非頑張られてくださいね。

TLCの実績

机上の空論で、成果の上がっていないものを、皆さんにご紹介するのではなりません。
TLC for Kidsは2000年にハワイ(ホノルル)に英語教室を開講し早や10年、
その間で延べ10000人を超える生徒を送り出しています。

しかも、日本の英語教室のように、
「結果が出なくてもクレームが無い」なんてことはありません。
なぜなら、移住してきた日本を始めとするアジア圏の家庭のお子さんは、
まだ英語が不十分であり、そのお子さん達に短期間で成果を出さないと、
現地の小学校の授業についていけないからです。これは、切実な問題です。

ですから、親の願いや、お子さんが直面している問題が切実であるだけに、
正直、毎回のレッスンは真剣そのものです。
能力のない指導者は、退職を余儀なくされますし、
レッスンで使用するプリントの枚数も、とても多いのです。

しかし、その甲斐あって、毎年、プナホウスクール
(オバマ大統領が卒業した学校)や イオラニスクール
(ハワイ州トップクラスの学校で、 多くはハーバード、
プリンストン、コロンビアなどのアイビーリーグに進学する)に、
多数の合格実績があるのです。

このTLC for Kidsで10年間の指導を下に体系的にまとめられた英語教材、
それがこども短期習熟・英語プログラムです。

短期習熟・子供英語1年コース

48,000円(税込)

送料無料!代引き手数料無料!でお届け。ご注文はこちらから。


17,800円 17,800円 17,800円
送料無料!代引き手数料無料!でお届け。ご注文はこちらから。

送料無料!代引き手数料無料!でお届け。ご注文はこちらから。

送料無料!代引き手数料無料!でお届け。ご注文はこちらから。

→教材についてのQ&A

Information

決済方法
当サイトでは、商品代金のお支払には「代金引換」のみご利用いただけます。
代金引換
商品の受取り時に、商品代金を配達会社の配達員にお支払ください。
なお、代引手数料は弊社負担にて発送いたします。
クレジットカード
利用可能なクレジットカード
現在、クレジットカードでの販売は致しておりません。
配送について
送料は、全国一律無料です。
お電話はご注文の受付のみとなりますので、お問い合わせ・相談はメールでご連絡ください。
送料は全国一律無料です。また、代引手数料も弊社にて負担いたします。当サイトの商品発送は、ゆうパックが行います。
時間帯お届け
時間帯お届け
商品は3営業日以内に発送いたします。
商品在庫の関係で、若干時間がかかる場合がございますが、ご了承ください。
商品購入の手続きの際に、配送時間はお客様がご自由に指定することができますのでご利用ください。 (配送日に関しましては、ご希望に添えない場合がございます)
なお、お客様ご都合による返品は、受け付けておりませんのでご了承ください。
特定商取引・会社概要| 教材の使用方法とQ&A
Copyright(c)2010 小学校受験・幼稚園受験の通信幼児教育問題集販売 ディスカバリー出版. All rights reseved.